育乳と栄養の関係を理解してバストアップをしよう


大豆とキャベツ

育乳の考えで必要になってくる栄養素が豊富に含まれているのが、大豆食品とキャベツになります。これらの食材を積極的に摂取することで、女性ホルモンに作用する栄養素を効果的に体内に取り込むことができます。

一番重要な栄養素と言ってもいいのが、大豆食品に含まれている「イソフラボン」です。納豆や豆腐などヘルシーな食材で使われる大豆には、豊富なイソフラボンが含まれています。この栄養素は女性ホルモンの促進に欠かすことができません。普段から積極的に摂取することで、バストアップにも繋がります。

続いて、キャベツに含まれているのが「ボロン」です。別名がホウ素と言われている成分のボロンは、バストアップに欠かすことができないエストロゲンの分泌を増やしてくれます。さらに、継続的にボロンの栄養素を摂取することで、エストロゲンの濃度も高めてくれる効果があります。

イソフラボンとセットで摂取したい栄養素は、キャベツ以外にりんごや海藻類などにも含まれています。これらの栄養素はサプリメントでも販売しています。食材でたくさん食べるのが大変という人は、サプリメントを活用してみてください。たくさん食べるのではなく、継続的に摂取することが求められます。